ペットローン審査甘いと言う口コミは嘘?今すぐ必要なときの借り入れ先

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安...などローンを組む勇気が持てないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンには「安定かつ継続した収入があること」とされていることが大半で年収制限が明示しているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く年収よりも、安定かつ継続していることの方が大切なようです。

もちろん、年収は多いに越したことはありませんがそれよりも勤続年数が長いことの事の方が重要です。

他にも、過去にローンの遅延や債務整理はないかなど、返済状況や金融事故歴のほうが問題になりますから、年収ばかりに気をとられていてはいけません。

ペットも生き物ですからケガや病気になる可能性は十分にありますが人間のような医療保険制度が確立されてはいません。

そのためちょっとした通院でも全て実費となってしまうのでペット本体よりも治療費のほうが高額になることも珍しくありません。

最近ではペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しいなどあまり実用的でない保険も多く見受けられます。

また、ペットが若いうちは保険のありがたみを感じづらいのでペット保険はまだ入る必要はないとと感じる人も少なくないと思います。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく転んだ時の対策としてペットローンの利用を考えている人も多いようです。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンというローンで対応している金融業者は多いです。

借入を行っている金融機関には銀行や信販会社などがありますが、総量規制がある消費者金融は、無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも融資を受けることはできるのですが、申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされている場合が多いです。

信販会社のショッピングローンは商品を購入するためだけのローンなので例えばペットローンの場合は、購入したペットの代金を信販会社が立て替えて支払います。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

ペットローンは比較的効果な動物を購入する際に利用可能なローンですが借金をすることに変わりありませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

ですから、ローン審査をクリアしない限り家族に迎えたい子を見つけてもペットローンを組めないのです。

ペットローンに落ちたためにペットを飼えなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちたという人は他のローン審査も通過できない可能性があります。

これまでに自己破産や滞納歴があったとか携帯電話の支払いを遅れたことがあるという人は信用情報に記載されている可能性が高いです。

その他にも、数社からカードローンを借りているとか申込時に通りやすくなるよう嘘の申告があった場合は問題外です。

オリコにはカードローンや目的別ローン、キャッシングなどがありますが特にオリコのオートローンは業界のトップをシェアです。

しかし、オリコではペットローンというローンは用意されておらず、使い道が決まっていない目的プランを利用することになります。

そのため、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申請になりますがオリコの審査は非常にスピーディですから、審査条件さえクリアしていればその場で契約することができます。

申し込める年齢は満20歳以上で返済利率は6.0%から13.2%、担保や保証人は不要です。

なお、オリコからの借金が50万円を超える場合や他社からの融資と合わせて借入が100万円を超えてしまった場合は所得証明書の提出が必要となります。

フリーターやアルバイトの人がペットローンを組む際には条件が増えたり、制限を受ける場合がありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準としていますので継続勤務期間は最低でも1年以上は欲しいところです。

雇用形態や年収については、イオン銀行の場合は原則として前年度の税込み年収が200万円以上という条件がついていますがスルガ銀行の場合は年収制限はついていませんので、アルバイトでも申し込めます。

信販会社ではオリコが多目的プランという商品でペットローンに対応していますがこちらも満20歳以上かつ、安定した収入がある人であれば、アルバイトでもOKです。

消費者金融にはペットローンというサービスはありませんが、プロミスでは目的ローンという低金利なローンで対応していますので、収入の1/3以内ならアルバイトでもOKです。

ペットショップのコジマでペットを購入するに当たり、ペットローンを組む場合はショッピングローンとなります。

コジマと提携している信販会社はセディナやオリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンではなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しています。

目的別ローンとは使途が限られている反面、低金利で融資可能なローンのことで代表的なものとして、マイカーローンなどが挙げられます。

オリコだと多目的プランというサービス名で最高300万円まで借りることができ、返済時の利率は6.0%から13.2%となっています。

同様に提携しているセディナにも総合目的ローンという商品があり金利は7.8%から11.8%、最高300万円となっています。

セディナにはペットローンという商品はないのですが総合目的ローンがあります。

参考:ペットローン審査甘い?今すぐ必要なときに使える借り入れ先

セディナの総合目的ローンは、大きい額の資金を調達しなければいけないようなときに利用出来るローンになっています。

ペットショップの見積書や契約書があれば使途を証明できるのでペットローンにも利用できます。

申請条件は満20歳以上であることや、安定継続した収入があり、勤続年数が1年以上と規定されています。

融資額は5万円から300万円、金利は7.8%から11.8%、返済期間は最長5年(60回)、しかも担保や保証人不要ですから安心して利用することができますね。

住宅ローンやカードローンに融資を許可するかしないかの審査があるようにペットローンにも審査があります。

ペットローンを取り扱っている金融機関には銀行や信販会社がありますが銀行のペットローンは審査が厳しめです。

銀行のペットローンは信販会社のものよりも低金利ですが金利が低いほど審査が厳しいのが一般的です。

つまり、キチンと返してくれる人なら安心して貸すことができるのでその見返りとして低金利で貸してあげますよという事なのです。

審査の難易度としては銀行が一番厳しくその次は信販会社のペットローンで銀行のカードローン並みの厳しさと言われています。

ローンが組める金融機関には銀行と消費者金融がありますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れはできません。

パートをしている主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融で融資を受けることができますが専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行の場合は総量規制の適用外なので専業主婦でも借入可能ですがペットローンは、必ずしも借りられるわけではありません。

スルガ銀行の申し込み条件に「安定した収入がある方」という項目があり条件によっては収入確認資料を提出しなければいけません。

イオン銀行にもペットローンはありますが、収入のない人は申し込めませんから専業主婦の方は、現金で購入するかご主人にローンを組んでいただくしかありません。

ペットショップで販売されているペットは数十万円にもなるので現金一括払いという人は珍しいかもしれません。

ペットショップも動物が売れなければ商売になりませんから信販会社と提携することでローンを組めるようにしている店舗が多いです。

ショッピングローンはペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというもので購入者は購入代金を信販会社へ分割払いで返済していくシステムです。

クレジットカードで買い物をするのと同じと思われがちですがショッピングローンは購入対象となる商品だけのローンになります。

信販会社と提携しているローンはいわゆるショッピングローンなので審査結果から利用できるまでの時間は非常にスピーディです。

スルガ銀行は関東ではあまり馴染がないかもしれませんがネットバンキングでは全国展開しています。

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行のペットローンは、借入限度額が最高で800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低いのが特徴的です。

パソコンやスマホからなら24時間いつでも申込が可能で全てがWeb完結するので来店不要です。

ペットローンの申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、安定・継続した収入があることが条件になっています。

ホームセンターで知られているカインズホームではペットグッズは充実していますが、生体の販売はあまり見かけません。

しかし、関東地方を中心とした日本各地において「ペッツワン」というペットショップがあるのをご存知ですか?ペッツワンのペットはカインズホームのHPから確認することができ犬や猫はもちろんのこと、鳥・小動物・観賞魚といったカテゴリー別に検索することができます。

ペッツワンでは犬の販売に力を入れているようでトップページには新着犬がランダムに表示されており「この子だ!」と直感する犬に会えるかもしれません。

運命の子を見つけたらすぐに連れて帰りたいと思うはずですので手持ちや貯金に不安を感じる場合はペットローンを使うのも有効な方法です。

ショッピングサイトで有名な楽天ですがペットローンと言うローンは取り扱いがありません。

楽天銀行には使途が自由なスーパーローンというカードローンがありますが他には目的型ローンとして、ブライダルローンなどがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使い道が限定されるだけで、内容に関しての規定はされていないのですが楽天銀行の場合は使い道についても限定されています。

楽天銀行には自動車ローンもあるのですが楽天銀行の自動車ローンは通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、他のローンはすべて通常のカードローンになりますのでペットローンにこだわる必要はありません。

ペットローンとはペットショップなどから動物を購入する際に組むことができるローンです。

人気の犬種で一番安価な柴犬でも13万円から28万円が相場ですしトイプードルやロングチワワになると、相場は30万前後となります。

人気の猫種だと、アメリカンショートヘアーなどは25万前後が相場でブリティッシュショートヘアーは30万円前後が相場のようです。

血統書の有無でも価格が大きく変わりますのでペットショップで動物を飼うということは、決して安い買い物ではないのです。

特にペット選びというのはビビッときた子が運命の出会いですからよそ様の家の子になってしまう前に、ペットローンを有効に活用しましょう。